HOME>注目記事>意外に種類が豊富!結婚式で着るタキシードの選び方

結婚式でおすすめのタキシードとは

結婚式で着用するタキシードは、写真に取って一生残す思い出の品です。自分の気に入る物を選ぶことはもちろんですが、写真写りを意識したり、花嫁さんの意見も含めたりして選択しましょう。

タキシードを選ぶときのポイント

自分に合ったサイズを選ぶ

身長や体型に合わせて、窮屈でないタキシードを選びましょう。

時間帯に合わせて選ぶ

結婚式が昼に行われるならフロックコート、夜に行われるならタキシードコートがおすすめです。

他の衣装とのバランスを見る

衣装替えを予定しているのなら、似た物ではなく、ガラリと雰囲気が変わるようなタキシードを選びましょう。

ウェディングドレスとのバランスをみる

まとまりが出るように、色やスタイルなど、花嫁さんとの衣装バランスをみて選んでください。

会場の雰囲気との一体感を確認する

寒色系や暖色系など、色合いや雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

新婦との衣装の相性を考える

新郎

結婚式の衣装選びで新郎が気をつけたいのは、新婦のドレスとの相性です。タキシードはあくまでも新婦のドレスを引き立てるためのものなので、選ぶ際には独りよがりにならないよう気をつけたいところです。黒のタキシードが定番と言われていますが、最近では白やシルバーを好む人が増えています。白のタキシードはドレスの色の邪魔にならず、新婦がどんな色のドレスを着用しても、綺麗にドレスを引き立てることができるので評判が良いです。

小柄な男性にもおすすめのデザイン

新郎

小柄な男性にも似合うタキシードのデザインはあります。着目したいのが襟の部分で、襟の切り替えがあるタキシードの場合、視線を上に向けることができるため、長身効果を狙うことができるのが魅力です。結婚式は晴れの舞台なので、男性もかっこよく決めたいところです。そこで、襟の切り替えを上手く利用するのもポイントです。また、モーニングカットのタキシードを着用することで、腰の一が高くなり、自然と脚長効果をもたらすことができます。

カジュアルデザインの需要が高まっている

新郎

最近では、カジュアルな結婚式が増えてきていることもあり、カジュアルデザインのタキシードの需要が高まっています。カジュアルダウンしているので、生地もコットン素材などが多用されています。ストライプの生地や、ハーフパンツのデザインがあります。

広告募集中